毛穴の黒ずみ・開き対策について

毛穴のケアで美肌対策★

肌トラブルで最も多い原因は、10、20代はホルモンバランスが不安定で皮脂が多くでるとか、
30代以上ならストレスや、新陳代謝が悪くなり角質が分厚くなるなどと考えられています。
切っても切り離せないトラブルとうまくお付き合いしていく為に美肌対策をたてておいてはどうでしょうか。

ニキビや毛穴問題には、水分と栄養分を十分に摂って血液をきれいにし、体質を改善することが大切です。
体質改善には、約3ヶ月かかるといわれています。
ニキビができやすい人は、消化器系の不調が考えられるので、ヨーグルトやバナナ、お粥など消化の良いもの、ゴボウやコンニャクなど、腸の掃除をしてくれる繊維質の多いものがオススメです。
女性は生理前など、ホルモンバランスが崩れやすく、吹き出物ができやすいですね。
そんな時は、納豆や漬物などの発酵食品や、鯖、鰯、秋刀魚といった青魚がオススメです。
皮脂のコントロールには、鰻、牛乳、しじみなどがオススメです。
ニキビ予防を強力にサポートしてくれるビタミンB2を多く含んでいるからです。

食べ物対策以外にも、リンパのマッサージというのも一つの方法です。
顔にはリンパがあるので、意識してマッサージしてみましょう。
リンパは、簡単に説明しますと、口元からこめかみ、目元からこめかみにあたります。
手の体温が伝わるように優しくなでたり、やや強くプッシングしてみたりすることで、肌が元気になり、毛穴も改善されます。
リンパマッサージは、体内の不要物を流し出す作用があります。

究極の方法は"肌に何もつけない"ということもしてみては?
毎日のメイクや紫外線、ほこり、エアコンの風・・・あらゆる刺激にさらされた肌は、時々休ませてやるのも一つの方法だと思います。
朝のぬるま湯洗顔後、その日一日化粧品を何もつけず、素肌の皮脂の出方や水分量などに目を向けることも大切だと思います。

コツコツしたケアが美肌対策につながります。
体質を改善して美しい肌を手に入れましょう!

毛穴はなぜ開くのか?

毛穴開きはなぜできるのか?
そもそも毛穴は開いたり閉じたりするものなので、厳密にいうと問題は、毛穴が目立つかどうかということ。
水分不足は毛穴が目立つ最大の原因だと考えられています。
さらには、日焼けや摩擦、角質ケア不足などで肌が硬くなったり、顔の洗いすぎで肌を守る善玉菌を奪ってしまうことも毛穴問題の要因です。
つまり、毛穴を目立たせているのは自己責任ということになってしまします。

毛穴の開きは、その原因の大半が、体内にあります。
赤ちゃんの肌がプルンプルンなのは体内の水分の量が、私たちよりもはるかに多いからなのです。

毛穴ケアの鍵となる水分を補うための食べ物を紹介します。

ひとつは、私たちの真皮にも存在する保湿成分、ヒアルロン酸を含むもの。
山芋、イカ、鮭、鶏手羽先、など。

また、肌の「しぼみ」による陥没毛穴を何とかしたいなら、オススメは高野豆腐。肌にはりを与えるエラスチンと、女性ホルモンと似た作用をもつイソフラボンの働きによって肌を若返らせ、毛穴を目立たなくさせます。

さらに、「ネバネバ」「ヌルヌル」をキーワードに覚えておくと良いです。
山芋、里芋、オクラ、納豆、などのネバネバ成分や、鰻のヌルヌル成分は、肌のうるおいアップに貢献し、毛穴を目立たなくしてくれます。

加えて1日に1.5L~2Lの水を飲むように心がければ、どんな毛穴も改善されるはずです。

スポーツをした後や、紫外線に長時間あたったりすると、体温が上がります。
そうすると、毛穴も開いて余分な熱を放出します。
このことは、私たちにとって大切なことですが、習慣化すると、開いた毛穴が「形状記憶」されてしまうこともあります。

ほてった肌は、冷やして素早くクールダウンしましょう。
朝すると、毛穴が引き締まり、化粧のノリもよくなりますよ。

毛穴改善にラップパックを!

水は美肌の源。
カサカサ肌には陥没毛穴ができやすいですよ。

なぜサラダにラップをかけるのでしょう?
それは、水分の蒸発を防ぐためですよね。
私たちの肌だって、蓄えた水分は逃したくないです。
だから顔にもラップ!

洗顔、化粧水をした後に、ローションパックをプラスするだけで、お肌のうるおい感がさらに高まります。
そこで、簡単にできる「ラップパック」を紹介したいと思います。

用意したいのは、安くてもいいので市販されているローションマスクと、ラップ。
(マスクは買うのがもったいないなと思ったら、化粧水をたっぷり含ませたコットンを、顔全体が隠れるよう覆っても同じことですよ。)
ローションマスクの上からラップの膜を覆うだけなのです。

1.まずは、顔の上半分を覆います。(耳にひっかけるとずれ落ちないですよ)
2.もう一枚で下半分を覆います。呼吸できるよう鼻と口の部分に隙間を空けて。
  (自分の息がスチームの役割をするので、うるおいが増します)
3.5~10分ほどパックします。

美白パックもオススメです。
市販のクレイ(粘土)状の美白パック剤をラップパックの後にプラスするだけで肌のキメが見違えるほど整います。
美白化粧品は顔の色を白くするだけでなく、実は毛穴を整える効果もあるのです。

毛穴改善する上で大切なことは、肌にうるおいを与えることです。
本気でケアするなら、毎晩、ラップパックをしてみましょう。
毛穴が健やかになれば、結果的にニキビも改善されますよ。

毛穴の黒ずみをなくそう!

毛穴黒ずみ嫌ですよね。
すっぴんになった自分のお顔をよくみると、毛穴に黒ずみが見えることがあります。
「イヤだー!!!」って思いますよね。

それは、お手入れによって無くすことができますよ!

黒ずみになる原因は、
肌のいちばん外側にある「角質層」に
本来はがれ落ちるべき角質(肌アカ)がとどまり、
肌の風通しが悪くなり、毛穴に汚れがつまるからです。

しかし、ゴシゴシ洗うのではこの汚れはとれませんよッッ!!

たとえば、カチカチの肉まんを蒸し器で調理すると、ふっくらとして皮がピンと張りますよね。
お肌もそれと同じで、「蒸す」がポイントです。
デイリーケアとしては、お風呂でのお手入れが一番簡単でいいです。
ホットタオルでお顔を蒸します。
お湯から立ち上がる蒸気を利用すれば、まさに「蒸す」お手入れになります。
肌を温めてふくらませば、汗とともに汚れが流れ、
毛穴が目立たなくなりますし、キメが整います。

余裕があれば週に一度くらい、スクラブ剤を使って角質ケアをすると、肌が薄く柔らかくなって、透明感が出てきますよ。

毎日のお手入れによって確実に黒ずみが取れます。
続ければ、メイクでは得られない輝きがでてきます。

女性なら誰でも
"おばあちゃんになってもキレイだね"って言われたいと思うものね。
それを目指すために、コツコツ続けていく事が大事だと思います。

毛穴のケアについて

美肌の一番の大敵は、毛穴の汚れではないでしょうか。
毛穴が汚れていると、ニキビ・吹き出物の原因にもなります。

毛穴のケアの仕方に着目してみましょう。
よく、「雑菌がつく」といって顔に触れるのを嫌がる人がいてますが、これは、まったく逆です。
手の体温を伝えながら圧力を加えたり振動を与えることで肌が元気になり、水分・脂分のバランスも整い、毛穴も改善されていきます。

それから、一番大事なのは、クレンジングです。
"取ることを侮る人はきれいになれない"という言葉を美容部員の方から聞いたことがあります。
美肌を保つには大事な条件です。
ただし、クレンジングする前にはよく手を洗ってくださいね。

目元・口元のポイントメイクを完全に落としてから、顔全体のクレンジングをします。
そうすることで、アイメイクや口紅などの色素が顔全体に広がることもなく、完全にクレンジングができます。
汚れは、浮かせながら落としましょう。
決して力任せにゴシゴシ汚れをこすらないで下さいね。
これでは、逆に汚れを顔にすり込んでいるようなものです。
正しくは、クレンジング剤は肌ににじみやすくするために、
手で温めてから、一番汚れがたまりやすい小鼻の回りなどから指先をつかって念入りに優しくクレンジングして下さい。

正しい毛穴のケアを毎日続けて一緒に美肌を目指しましょう!

関連情報

スキンケアの基本は洗顔と保湿です。ただ洗顔で汚れを落とすのではなく、洗顔後に肌が潤っていることが大切です。こちらの洗顔石鹸ランキングでおすすめのせっけんを紹介しています。

毛穴の黒ずみや、ボツボツが気になるなら、まずは洗顔石鹸を見直しましょう。毛穴につまった汚れは落ちにくいものです。細かい泡で優しく洗うことで毛穴 洗顔をしましょう。最後に保湿ケアを行い、毛穴をキュッと引き締めます。

墓地 場所